人生の約束

会社の拡大にしか興味の無いIT関連企業CEO・中原祐馬(竹野内豊)の携帯に、ここ数日、かつての親友から何度も着信があった。共に起業して会社を二人三脚で成長させながらも、その会社を追い出す形で決別した、かつての親友・塩谷航平。電話を疎く思う反面、胸騒ぎを覚えた祐馬は、仕事の予定をキャンセルして航平の故郷に向かう。そこで祐馬が直面したのは、予期せぬ親友の死だった――。

町内会長を務める西村玄太郎(西田敏行)に話を聞くと、病に冒され余命わずかだった航平は、最後に曳山につながりたいと、十五年ぶりに故郷の土を踏んでいた。事態を飲み込めない祐馬が線香をあげようとするも、航平の義兄・鉄也(江口洋介)は、会社を追い出したあげく、航平からの最後の電話を無視し続けた祐馬を許すことが出来ず、殴りかかってしまう。故人を惜しむ場が荒れるのを防いだのは、鉄也が引き取って家で面倒を見ていた、航平の忘れ形見ともいえる娘・瞳(髙橋ひかる)の落ち着いた対応だった。かつての親友に子どもがいたことに驚く祐馬は、自分に何か出来ることはないかと瞳に聞くと、物憂げな瞳が重たい口を開いた。

「西町から四十物町の曳山を取り返してくれますか?」

富山県の新湊にある13の町の一つ、航平が育った四十物町(あいものちょう)では、若者の流出による曳き手不足に加えて、曳山の維持費が底を突いてしまい、これ以上、曳山を守ることができなくなっていた。そんな時、資金が豊富な新興の西町が、今年の祭りは四十物町に曳かせることを条件に、曳山を譲って欲しいと申し出てきた。本来、売り買いするものでない曳山ではあるが、背に腹を変えられない状況に、四十物町は苦渋の決断をせざるを得なかった。しかし、譲渡式が終わると、西町の会長・武田善二(柄本明)はあっさりと約束を反故にしてしまう。ちょうどその頃、町に戻っていた航平は、最期を迎える瞬間まで、武田のもとに足を運び抗議をしていたのだった。

一方、東京では祐馬の会社が不正取引の疑いで強制捜査を受け、祐馬は会社や仲間だけでなく、全てを失ってしまうことに。一人になってしまった祐馬だったが、かつて航平と交わした「一度口にしたことは実行する」という約束を思い出す。東京地検の依頼で祐馬を追う富山県警の刑事・岩瀬厚一郎(ビートたけし)の捜査が迫る中、瞳との約束を守るため祐馬が再び新湊に向かうと、そこでは祭りがすぐ間近に迫っていた――。