メモリーズ 追憶の剣

高麗末期、3人の剣士ユベク(イ・ビョンホン)、ウォルソ(チョン・ドヨン)、プンチョン(ペ・スビン)は世を変えるべく最強と謳われた3本の剣により反乱を起こそうとしていた。しかしユベクの裏切りによりプンチョンが命を落とし計画は失敗、ウォルソはプンチョンの子と共に姿を消した―。18年後ユベクは国内で最も権力のある男になっていた。ある日、ユベクは自ら主催した武術大会でウォルソにそっくりな剣さばきの少女を見つけ、彼女の後を追う。少女はいったい何者なのか―。3本の剣が再び揃うとき、真実が明かされる。