orange オレンジ

高校2年生の春。10年後の未来の自分から、一通の手紙が届いた。
そこに書かれていたのは、転校生の翔を好きになること。
そして翔が1年後には、死んでしまっているということ。
初めはイタズラかと思ったが、書かれていることが次々と起こるので、菜穂は次第に手紙を信じるようになっていく。
なぜ翔を失ってしまったのか?26歳の自分と同じ後悔を繰り返さないためにはどうすれば?
翔は、救えるはず。
いま、後悔していることは、きっとどれも「できたこと」のはず。

10年後の想いを知った菜穂の運命を変えていく日々がいま、動き出す。