母と暮せば

終戦から70年。山田洋次監督が、作家・井上ひさしさんに捧げて
長崎を舞台に描く「どうしても遺したい」物語が誕生します。